private room

日記だったりひとり言だったりその日の気分次第です

PREV | HOME | NEXT

≫ EDIT

南無ぅ( ̄人 ̄)

浄土真宗本願寺八世蓮如が撰述した御文の5帖目第16通「白骨」 

夫(それ)、人間の浮生(ふしょう)なる相をつらつら觀ずるに、おほよそはかなきものは、この世の始中終(しちゅうじゅう)、まぼろしのごとくなる一期なり。

されば、いまだ萬歳(まんざい)の人身(にんじん)をうけたりという事をきかず。一生すぎやすし。
いまにいたりてたれか百年の形態(ぎょうたい)をたもつべきや。
我やさき、人やさき、けふ【今日】ともしらず、あす【明日】ともしらず、をく【遅】れさきだつ人は、もとのしづく、すゑ【末】の露(つゆ)よりしげしといへり。

されば、朝(あした)には紅顔(こうがん)ありて夕(ゆうべ)には白骨(はっこつ)となれる身なり。
すでに無常の風きたりぬれば、すなは【即】ちふたつのまなこ【眼】たちまちにとぢ、ひとつのいきながくたえぬれば、紅顔(こうがん)むなしく變(へん)じて、桃李(とうり)のよそほ【装】ひをうしなひぬるときは、六親眷属(ろくしんけんぞく)あつまりてなげ【嘆】きかなしめども、更にその甲斐あるべからず。

さてしもあるべき事ならねばとて、野外にをく【送】りて夜半(よわ)のけふり【煙】となしはてぬれば、ただ白骨のみぞのこ【残】れり。
あはれといふも中々をろかなり。
されば、人間のはかなき事は、老少不定(ろうしょうふじょう)のさかひなれば、たれの人もはやく後生の一大事を心にかけて、阿弥陀佛をふかくたのみまいらせて、念佛まう【申】すべきものなり。 あなかしこ、あなかしこ。


さて、人間の内容の無い生活の様子をよく考えて見ますと、およそ儚いものは、人間の生まれてから死ぬまでの間のことで、それは幻のような生涯です。

それゆえに、いまだ一万年の寿命を授かった人がいたなんてことを聞いた事がありません。
人の生涯は過ぎ去りやすいものです。今までに誰が百年の肉体を保ったでしょうか。〔人の死とは、〕私が先なのか、人が先なのか、今日かもしれないし、明日かもしれない、人より後であろうが先であろうが、草木の根元に雫が滴るよりも、葉先の露が散るよりも多いといえます。

それゆえに、朝には血色の良い顔をしていても、夕には白骨となる身であります。
もはや無常の風が吹いてしまえば、即座に眼を閉じ、一つの息が永く絶えてしまえば、血色の良い顔がむなしく変わってしまい、桃やすもものような美しい姿を失ってしまえば、一切の親族・親戚が集まって嘆き悲しんでも、どうする事もできない。

そのままにはしておけないので、野辺に送り荼毘に付し、夜更けの煙と成り果ててしまえば、ただ白骨だけが残るだけです。
哀れと言っただけでは言い切れない。
人生の終わりは、年齢に関わりなくやってくる。だからどのような人も「後生の一大事」を心に留めおき、心から阿弥陀仏に頼み申上げて、念仏申すべきであります。

                        出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

突然どうしたかって?あはは うんうん

母の四十九日の法要で聞いて (。-`ω´-)フムフムと思ったものだから

南無阿弥陀仏の浄土真宗の葬儀 法要で拝読されるものだそうです

朗々といい声で 独特の節回しじゃないけど 何かお経のリズムが心地よかった

その時に四十九日の考え方とかを教わった

みんな知ってるもの?

私の中に宗教って全然知識としてなくて へぇーって思うことばかりだった

仏教の四十九日とは 生と死の狭間である中陰 この中陰が満ちて満中陰
輪廻転生のために7日毎に7回審判のようなものがある
閻魔さまは審判する方の一人である
その審判を受ける死者に力を送るための意味も込めて 7日毎にお経を唱える

ただ 浄土真宗←母の場合ね では臨終と共に仏になると考え 輪廻転生の考えはなく
そのため 7日毎のお経なども 故人のためというよりは 亡くなった人を思うための期間であり
儚い生と死について考える期間である

んー 大体こんなようなお話だった それで最後に『白骨』

朝には血色の良い顔をしていても、夕には白骨となる身であります って所がシミル

これが記された時代背景は 応仁の乱の頃だとか

生きている ってこと自体が 奇跡みたいなものだったのかもしれないね

もちろん 私も人間だから いつかは死ぬだろうって 思ってる

でも 今夜死ぬかも?なんて思ってないものね

宗教とかお経とか 日頃は生活の中になくて

1日だけの にわか信者みたいな(≧ω≦。)ププ

生活の中に死が密着してたからこそ 宗教が生まれたのかなぁとか思った

何かにすがりたい とか そんな気持ちじゃなくてもいいのね

心の平安 ってことで 例えば 南無阿弥陀仏って唱えるのもいいい

それは アーメン でも 南無妙法蓮華経でも

なむあみだぶつや なんみょうほうれんげきょう って漢字で書けって言われても無理だったがw

その程度の人でも 唱えるのには問題ないのだ

信じるものは救われるって こういうこと?(∀`*ゞ)エヘヘ                        

| 沈思 | 18:12 | comments:8 | TOP↑

コメントありがとう (`・ω・´)ノシ

読んでて頭痛くなりましたw。
法要とか何度も体験してるけど、考え方とか意味とか全然知らなかったですよ。
7日毎におかんきをしてたのは、そういう意味があったんですね~。

法要とかだと、ウチは天台で嫁の実家の方が真言。
お経がまるで違う部分と同じ所とあるんだな~・・・・・・って思った事くらいしかないです。

| takan | 2009/06/14 21:03 | URL | ≫ EDIT

ボクんちも浄土真宗です。
お経っつーか、ホント浪曲みたいな感じで歌だよねw
法要のごと来るお坊さんのみんな上手なことw
ボクの場合は祖父とか祖母の法要だったので、なんというか
有りがたい説教もあまり聞いてなくて、お坊さんの読経を聞きながら
この人たちってみんなカラオケ上手そうだな~なんてバチ当たりな
気持ちで聞いておりました(; ̄ー ̄A

| こうもり | 2009/06/14 21:33 | URL | ≫ EDIT

世間知らずな俺は、まったく知らなかったw

| ゼンラーマン | 2009/06/14 22:39 | URL | ≫ EDIT

takanさんへ

引用文の中は 文字だと読む気もしないでしょ(笑)
お経だと1分くらいで終わるし リズムがあるから聞けるのかも

何回もしてても意味とか知らなかった?
わーい ナカ―(・∀・)人(・∀・)―マ♪
あっ これは私が聞いたことだから takanさんのところの真言宗だとまた違う部分もあるかもだからね

おかんき っていうのは岡山の方の言葉かな
聞いたことあるけど こちらでは使わないような・・・
七日参りとか言ってたような・・・うろ覚えw

天台宗と真言宗 どちらも般若心経みたいだけど
違うとこもあるのね
法事とかの時しか聞かないから覚えることってないしね~( ・∀・)アヒャ

| ユイ | 2009/06/15 00:23 | URL |

こうもりさんへ

(。_。(゚д゚(。_。(゚д゚ )ウンウン わかるー
その前に祖母の法事があって
その時は若いお坊さんになったばかりの方で
聞いててもそんなに思わなかったのね
今回の母の時は ホントにいい声のお坊さんで
最後の なーむあーみだーぶーつ の辺りなんか
録音して聞いたらよく眠れるかもーなんて思ったw
そういえばお経のCDあるんだね?知らなかったよ~

キリスト教に賛美歌があるみたいに
仏教にもそういう歌みたいのがあれば親しみわくのかも?
そんな発想はないのかな(;´・ω・)アセアセ

| ユイ | 2009/06/15 00:29 | URL |

ゼンラーマンさんへ

オォォー!!w(゚ロ゚)w ゼンラさんも私の仲間でしたか!
そかぁ 知らない人も多いのかもしれないね

このお寺のお坊さん ご住職?(何て呼ぶのかなw)は
では最後にって毎回お話(説法ってのかな)をしてくれる まだ2回しか聞いてないけど聞いてて面白かったよ

| ユイ | 2009/06/15 00:39 | URL |

漫画「はだしのゲン」の後半で、
原爆症で髪の毛の抜けた主人公が、
インチキ坊主をやって生活費を稼ぐんだけど、
広島は「安芸門徒」と言って浄土真宗の盛んな地域だから、
この「白骨の章」を浪々を読み上げるんだよね。

「朝には紅顔あって、夕べには白骨となれる身なり」

最初は生き残るためからなんだけど、
だんだん内容の意味が判ってくると、
まさに自分が体験した原爆と戦争の現実そのものだと
心から涙を流す主人公。
とても印象的なシーンでした。

| 通りすがり | 2009/06/18 00:07 | URL | ≫ EDIT

通りすがりさんへ

はだしのゲンは 読めない漫画の1つなんだよね
戦争の しかも原爆ってのがどうしても・・・

広島は浄土真宗が盛んなの?
そうなのかぁ
漫画を読んだことはないけど
白骨の章の内容は聞いたばかりだから
それは胸にしみるし 泣けそうだ
戦争って 戦国時代だけじゃないものね
ほんの少し前にもあったんだものね

| ユイ | 2009/06/18 00:25 | URL |












PREV | HOME | NEXT